ホーム  >  エリア紹介  >  南さつま(鹿児島県)

エリア紹介

南さつま(鹿児島県)

Translated by machine

17

鹿児島県

南さつま

亀ヶ丘から眺める秋目湾

亀ヶ丘から眺める秋目湾

坊津

坊津

カイトボード

カイトボード

金峰平野と金峰山

金峰平野と金峰山

スキューバダイビング

スキューバダイビング

吹上浜

吹上浜

エリアマップ

※クリックで拡大します

公式ルートマップ

公式ルートマップ

南さつま(鹿児島県)

PDFファイルをダウンロードできます。

日本語マップ(12.5MB)

(Japanese Only)

 

ルートリスト

エリアのみどころ

吹上浜

吹上浜

日本三大砂丘の一つで、北はいちき串木野市から日置市、南さつま市まで47km続く日本一長い砂丘です。東シナ海に面し、南さつま市の海岸線の北半分を占めます。毎年5月には「吹上浜砂の祭典」が開催され、県内外から訪れる来場者の目を楽しませています。

 

万之瀬川

万之瀬川

吹上浜にそそぐ万之瀬川河口部は遠浅の干潟が広がり、天然記念物のハマボウの群生や野鳥を見ることができます。冬場になると多くの渡り鳥が飛来し、サンセットブリッジから眺める「鳥たちの乱舞」は壮観です。

 

リアス海岸

リアス海岸

南さつまには黒潮に洗われた美しいリアス海岸が50km以上続いています。海に迫る山々が多く、起伏の多い海岸線には風変わりな岩礁が点在しています。海岸線を漕ぎ進むカヤックや、海岸沿いの道を走るサイクリングで、この絶景を堪能してください。

 

坊津

坊津

かつて日本三津として栄えた坊津は、古代から海上交通上の要地で、奈良時代には鑑真が上陸した地です。中世からは島津氏の貿易拠点として繁栄を誇り、今でも当時の風情を感じさせる町並みが残っています。

 

古代ロマンあふれる地

天孫ニニギノミコトが上陸した地といわれる黒瀬海岸や、コノハナサクヤヒメと結婚し暮らした場所と伝えられている笠狹宮跡など、神話ロマンが薫る場所が多くあります。また、国指定の史跡である「栫ノ原遺跡」をはじめとした縄文時代草創期から晩期にかけての遺跡も多く、古代のロマンがあふれています。

歴史ある町並み

田の神さぁ

田の神さぁ

田の神さぁは、薩摩藩独特の豊作を祈願する風習に用いられる神石像です。金峰地域内には20ほど点在しています。

 

世田の武家門

加世田の武家門

薩摩藩の外城(とじょう)として栄えた加世田には、100年以上前の郷士の民家が今でも残っています。水路沿いに、石垣や武家門の美しい街並みを見ることができます。

 

常潤院跡・仁王像

常潤院跡・仁王像

戦国時代:天文21年(1552)頃に日新寺の学問所として建てられました。 現在はいにしえの道の広場になっています。

 

坊津

坊津の町並み

伊勢国安濃津(現三重県津市)・筑前国博多津(現福岡市)とともに日本三津と称された坊津。 現在でも当時をしのばせる町並みが残っています。

 
line

観光情報

体験 | 温泉 | 宿泊 | グルメ | その他の楽しみ

体験

温泉(立ち寄り湯)

宿泊

グルメ

その他の楽しみ

line

アクセス

アクセスマップ
アクセスマップ
(JapaneseOnly)

アクセス情報

【飛行機】

・東京:羽田空港・成田空港→鹿児島空港 約1時間50分

・名古屋:中部国際空港セントレア→鹿児島空港 約1時間20分

・大阪:伊丹空港・関西国際空港→鹿児島空港 約1時間10分

ダイナミックパッケージのご案内
JAL PAKANA Travels
【フェリー】

・大阪:大阪南港→志布志港 約15時間

【自動車】

■鹿児島空港から

・加世田まで 約1時間10分

・笠沙まで 約1時間40分

・坊津まで 約1時間40分

■鹿児島中央駅から

・加世田まで 約50分

・笠沙まで 約1時間20分

・坊津まで 約1時間20分

■志布志港から

・加世田まで 約2時間15分

・笠沙まで 約2時間45分

・坊津まで 約2時間45分

■鹿児島ICから

・加世田まで 約40分

・笠沙まで 約1時間10分

・坊津まで 約1時間10分

【バス】

・鹿児島空港→加世田(空港連絡バス)約1時間15分

・鹿児島中央駅→加世田 約1時間25分

line

お問い合わせ情報

LOCAL CONTACT INFORMATION

インフォメーション

南さつま市観光協会

TEL 0993-53-3751

ウェブサイト

 
line

シェアする


このページのトップへ