ホーム  >  推進協議会について

推進協議会について

推進協議会について

設立趣意

2009 年より始まった環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT」。カヌー・自転車・トレッキングといった人力による移動手段で自然を体感するというコンセプトは、開催地域の観光資源の再認識や発見につながり、地域社会の活性化に新たな可能性を見いだしました。

その「SEA TO SUMMIT」のコンセプトをもとに、365 日いつでも、自然を体感し、地域の歴史や文化を味わい、人々との交流をはかりながら、人力で移動する新しい旅のスタイル「JAPAN ECO TRACK」を提唱し、推進します。

現在、いくつかの地域でアウトドアスポーツツーリズムでの旅行者の来訪を目指し、受け入れ体制の整備が進められています。「ジャパンエコトラック推進協議会」は、そのような地域と連携し、それぞれの特性を生かした旅のルートを国内外に広く発信し旅行者の来訪を促進することで、地域の活性化と自然環境の保全に寄与してまいります。

「SEA TO SUMMIT」が環境省 グッドライフアワード受賞

ジャパンエコトラックのコンセプトの元となった環境スポーツイベント 「SEA TO SUMMIT」が、第3回 環境省 グッドライフアワード 環境 大臣賞 グッドライフ特別賞を受賞いたしました。


ご挨拶

ジャパンエコトラック推進協議会

今、大切だと思うことのひとつは、日常生活の中にどう自然を取り入れていくかということです。そこで僕は、「現代の参勤交代」を提唱してきました。

日本では現在、国土の6割近くが過疎地です。

一年のうち一ヶ月でも都会の人がそうした土地に滞在し、たとえば田んぼの草むしりなど身体を使った仕事や釣りをしてのんびりしたりする。リフレッシュしてまた都会に戻り、仕事に取り組む仕組みがあれば、働き詰めで健康を損なうことも少なくなるでしょう。 参勤交代は大げさかもしれませんが、ときどき自然の中に入っておくことは、すべての人にとって、プラスの意味を持ち、人生が豊かになります。自然や文化についての考え方も変わり、過疎になった地域が生き返るかもしれません。そのことは国土の再生に繋がります。 「ジャパンエコトラック」が推進されることで、そんな未来への可能性が 広がっていくことになると信じています。


推進協議会

代表理事 養老孟司 (東京大学 名誉教授)
専務理事 辰野勇 (モンベルグループ 代表)
理事 月尾嘉男 (東京大学 名誉教授)
嘉田由紀子(びわこ成蹊スポーツ大学 学長)
鳥井信吾 (サントリーホールディングス株式会社 副会長)
黒笹慈幾 (南国生活研究所 代表)
山田桂一郎(JTIC SWISS代表)
斉藤政喜 (紀行作家・バックパッカー)
内田正洋 (シーカヤッカー・海洋ジャーナリスト)
山田拓  (株式会社美ら地球 代表取締役)
事務局長 竹山史朗 (株式会社モンベル 広報部 取締役本部長)
顧問 平井伸治 (鳥取県知事)
山田啓二 (京都府知事)
阿部守一 (長野県知事)
鈴木英敬 (三重県知事)
オブザーバー 畠山重篤 (NPO法人 森は海の恋人 理事長)

中井徳太郎 (環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長)

アンドリュー・ワイレガラ (在日アメリカ大使館 商務担当公使)
野田知佑 (カヌーイスト)
C.W.ニコル (作家)
此田紫郎 (ANA・ANAセールス株式会社 取締役 兼 旅行事業本部長)
推進委員 梅阪雅雄 (ANA・ANAセールス株式会社 地域連携担当部長)
小林茂雄 (NPO法人南富良野まちづくり観光協会 常務理事 事務局長)
青木哲志 (山形市観光物産課 広域観光推進調整主幹)

このページのトップへ